転職ドリーマーズ

転職リスクは必ずあるもの

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket

自分にはこの仕事が向いていないのではないかとか、まだまだ自分には様々な舞台が用意されているはずだと思うと仕事を変えることを検討しますね。

でもそんなときに限って「仕事を辞めたら収入が入らなくなるではないか」と思ってしまい踏みとどまるものです。
そこで、仕事を辞めた後もしばらくは十分な就職活動ができるような財産作りについてご説明しましょう。

円満退社の後には必ず失業保険をもらう

会社に勤めていれば雇用保険に加入しています。
それゆえ、自己都合で退職したとしてもしばらくの間は失業保険が給付されるため職を探している最中のお金には困らなくて済むでしょう。
ところが、就職活動を途中でやめてしまうとかアルバイトみたいなことをして給付が停止されてしまうようなことをしてしまう人は時々いらっしゃいます。
必ず受給期限一杯までお金がもらえるように計画を立てておきましょう。

通帳に入金する毎月の預金が肝心

仕事を辞めるかも知れないとお考えならば、まずは預金することからはじめましょう。
すごく当たり前のことのように聞こえますが、案外これができていないという人が多いのです。
会社勤めをしている方ならば、ちゃんと毎月のお給料とボーナスが支給されるでしょう。
これを毎度毎度おかしな物を購入する費用に充てているようならば、仕事を辞めることはオススメしません。
こうしたお金をちゃんと貯金通帳にいれておき、時期を見計らう努力を重ねましょう。

周囲を見極め情報を蓄えておく

財産はお金に限定されません。
とりわけ情報というのは、他の人とは比べものにならないくらいの貴重な財産として自分の身体に蓄積されていきます。
会社に勤めている最中も勉強を怠らず、また会社の中で行われている仕組みやシステム、技術といったものを積極的に学んでいきましょう。
これを重ねていけば、例え仕事を辞めた後であっても情報を元に新しい仕事を繰り広げていくことが可能になるからです。

幸せの青い鳥はすぐそばにいる

いかがでしたでしょうか?

無計画に仕事を辞めてしまうとたいてい転職には大失敗します。
良い仕事へ移るためにも、新しい仕事に就いたときでも自分がそれだけの価値があるような状態にまで高めておくことと経済的な不安を無くすことが必要です。

青い鳥を逃さないためにも、手近なところから始めましょう。

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket