転職ドリーマーズ

転職を見事成功した人たちのアドバイス

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket

バブル経済が崩壊した後、日本の雇用環境は大きく変化しました。

年功序列、終身雇用制という日本ならではの雇用関係は崩壊し非正規雇用や正社員の解雇などが目につくようになりました。
だからこそ今勤めている会社には死ぬまでお世話になるつもりという方が多いにもかかわらず、世の中には仕事を辞めて他の仕事に移ろうとする方がいらっしゃいます。
彼らは一体どのような仕事に転職したのでしょうか。

資格を取って一挙に年収アップ

一部上場企業や中小企業という会社の肩書きにかかわらず、日本中で尊敬される仕事といったら資格がなければならない仕事です。
社会人になりますと「俺の人生はこんなはずではなかった」と居酒屋でぼやいている方が多くいらっしゃいますが、そうした方の中には「資格を取ろう」と思ってせっかく今勤めている仕事をやめて新しい世界に飛び込むという方もいらっしゃいます。
弁護士や公認会計士、税理士といった資格は社会人になってから取得するという方も多く採用の枠も探せば何とかなるため仕事を辞めてもある程度は安心できるのです。

畑違いの仕事へ飛び込む

今まで会社の経理の仕事をやっていた人が、突然バスの運転手さんになってしまったというような驚きの業界への飛び込みというケースも見受けられます。
せっかくの人生だから、子どもの頃からあこがれていた仕事に就きたかったという方がこのようなことを行います。
トラックの運転手さんになると言うこともありますね。
現在、人手不足のドライバー業界では前職に関係なくとりあえず運転免許を持っていたら採用するという会社もありますので割と職探しには困らないのかも知れません。

同じ業界ではあるけれど

大企業に勤めていたサラリーマンが、今までとは比較にならないくらい小さな会社へ移るというケースもあります。
自分の技術や、知恵を遺憾なく発揮するためにはこの会社でなければならないのだという理由から大企業というネームバリューを捨ててまでも小さい会社で自分の力を遺憾なく発揮していらっしゃるのです。

家族の理解や支えが必要

このように仕事を変えた結果うまくいったという方は多くいらっしゃいます。
しかし、今までの生活を放棄しなければならないという危険性から家族の理解や支えが必要になるのです。

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket