転職ドリーマーズ

転職の求人をいち早く切り開く方法

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket

転職をしようと思って会社を辞めたはいいものの、ハローワークに毎日通った結果アルバイトしか見つからなかったというニュースや実例を耳にすることがあります。

実は最近、経済市場の悪化から年齢の高い中高年の仕事選びが大変に厳しいものとなっています。
だからといって仕事をせずに遊んで暮らすわけには生きませんから、とりあえず何かの仕事をしなければなりません。

若い人には負けない部分を持ち続ける

中高年は年齢でこそ若い人にかつことはできませんが、ある部分だけは若い人にかつことが可能なところがあります。
それは「今まで積み重ねてきた経験」にほかなりません。
若い人たちはこれから作らなければならない経験というものを、中高年はたくさん抱えているのです。

マッチングする求人を調べるのは難しい

ところが、自分の経験を生かすことができる求人を探し出すことこそ仕事探しにおいて一番難しいところです。
就職情報紹介会社やハローワークでもそのような相談を受け付けてはいるものの、どうしてもうまくいかないというケースが多いのです。
となりますと、別の方法で仕事を探した方が良さそうです。

自ら求人を切り開く努力を怠らない

最近注目を集めている方法として「自分から会社に自分のことを売り込んでいく」というものです。
中高年ともなれば、それなりに人脈ができあがっていることでしょうから「自分にはこういうことができるんだ」という声をいろいろな人にかけていきます。
すると「今この手の経験を持った人が足りない会社があってね」というありがたい声がかかることがあるのです。
もちろんこんなにうまくはいかないということも想像はつきますが、それでも仕事の役に立ちそうな情報を手に入れることは可能です。
また、自分で全く知らないお店や会社に入っていって色々と話をしてみるというのも良いかも知れません。
求人は必ずハローワークを通さなければならないとなっているわけではなく、相対の契約でかまわないわけですから社長さんに惚れ込んでもらうのも一つの手かも知れません。

あきらめずに常にチャレンジ精神

仕事を辞めてしまったという事実を変えることはもはやできません。
ならば未来を変えていくほか無いのです。

あきらめずに、自分の可能性をかけてチャレンジしていきましょう。

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket