転職ドリーマーズ

転職で魅力ある資格を取得しながら人生設計に役立てよう

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket

日本にはたくさんの仕事がありますが、中には資格がなければ仕事ができない資格というものもたくさんあります。

とはいえ、資格を取るためにはたくさんの時間を費やさなければなりませんから何ともいえない部分があります。
そこで今回は、転職に役立つ上ちゃんと求人を見つけやすい資格をご紹介しましょう。

不動の人気を誇る税理士

働きながら資格を取るといったら税理士しかないといわれるくらい、不動の人気を誇る仕事です。
税理士は税法の専門家として、法人や個人の確定申告書を作成します。
それだけではなく、月々の帳簿を記帳したりもしもの時の経営アドバイスなど様々な面から経営者を支えるお仕事です。
だいたい合格までに短くとも5年、長いと10年くらいかかりますが科目合格制であることから一度にまとめて取得しなくても良いのが特徴です。

働きながらでも受かりやすい宅建士

法律系の資格はなかなか働きながらが難しいといわれますが宅建士は、法律系の資格の中でも入門として選ばれています。
不動産を取り扱う資格であることから、不動産系の仕事に就こうと思ったら有利になること間違いありません。

町の法律家と言われる司法書士

宅建士は法律の勉強をするものの、不動産にまつわる登記などをすることはできません。
法律をより深く学び登記にまつわる業務を行うためには司法書士という資格を取得する必要があるのです。
この資格は司法試験の次に難しいといわれている資格ですが、働きながら取得することができないというわけではありません。
ただ、法律の知識がかなり求められるためあらかじめ宅建士で法律の素養を身につけてから挑んだ方が無難といえるでしょう。

これらの資格は取得すれば何かしらの会社で求人が用意されています。
一番多いのはこの手の資格の事務所でしょう。

宅建士は不動産会社になりますが、営業の仕事というよりも営業所の中で様々な業務を行う管理系の仕事に配属されることが多いものです。

また、勤めて仕事をするのではなく自分で独立開業し自分のやりたい仕事を自分でやることができるのも資格業の魅力の一つといえますね。
勉強は難しいけれど、それに見合うだけの価値は必ずある資格ばかりです。

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket