転職ドリーマーズ

転職で起こる3つの悩みとは

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket

社会人になって初めて仕事をしたころのことを皆さんは覚えてらっしゃるでしょうか?

「あのころは、先輩に怒られてばかりで迷惑ばかりをかけていたな」なんていう思い出をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
10年20年と社会人を続けていると、そういうことに出会うこともなく新鮮味がない方も多いでしょう。
ところが転職をすると、もしかしたらこんなことが起るかも知れません。

年下が先輩や上司になる

今の職場に長く勤めている人が、仕事をやめて新しい職場で働き始めると当たり前ですが新人に逆戻りとなります。
例え元の職場では役職クラスにいたとしても、新人になるわけですから職場では年齢が下の人であっても先輩になるということはよくあります。

収入が今までよりも遙かに安くなってしまう

大企業に勤めていた方ほど感じやすいのですが、中小企業は大企業並のお給料を支払うだけの余裕はありません。
そのため、収入が今までよりも安くなってしまいご家族からちょっとした不満が上がってくる可能性も捨て去れませんね。

自分の知識が陳腐化しているかも知れない

元の職場では自分の知識が通用したにもかかわらず、新しい会社ではその知識は既に古いもので新しく知識を入れ替えなければならないと言うことがあります。
同じ業種へ職場を変えた場合には、自分の知識が陳腐化していることにショックを覚えることでしょう。

俗にこのような悩みのことを「転職ジレンマ」なんてよんだりします。
このようなジレンマを防ぐためにはやはり「心を柔軟にする」ということがかかせません。
「俺はこの業界で何年もやってきたのだから、この会社でも自分のやり方が通用するんだ」とお考えになったとしても、新しい会社の風土になじめなければ肩たたきに会う危険性があるのです。
心を柔らかくして、新しい文化を吸収していけば最初は大変かも知れませんが後々元々の知識と相まってより会社に貢献できることでしょう。

仕事を変えることは怖くない

仕事を変えるということは何も怖くはありません。
毎日毎日会社に出勤して、仕事をしてお給料をもらうというシステム自体はどこの会社に行ったところで同じだからです。
仕事を変えたら自分も変えなければならないことがあることも又事実ですけれどもね。

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket