転職ドリーマーズ

将来何が起るかわからない時代だからこそ転職を考えてみよう

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket

私たちは仕事をすることによって毎月の生活費を得て生活しています。
確かに仕事というものには「今日は仕事に行きたくないよな」という日もあれば「何でこんなに安い給料で働かされているのだろう」とぼやきたくなる日もありますね。
とはいっても、簡単に仕事は辞められるわけではありませんのでどこかで折り合いをつけながら生きていくほかありません。

それでも仕事がイヤなんだ

毎日仕事にいっているけれど「どうしても今の仕事が向いていないような気がする」と感じることは少なくありません。
みなさんもご経験があるかも知れませんが「優秀な大学の卒業生を採用したはいいものの結局使い物にならなかった」というような話です。

その卒業生にとってみたら「どうして自分がこんな仕事をするのだろう」と悩み苦しんでいるため、周りにはよくわからない悩みを抱えるのです。

結果的に「もうやめよう」と決意したときには、周りからの評価はそれほど高くなかったりします。
もしもあなたがこの優秀な卒業生というのであるならば、今すぐ会社を辞めて転職した方が自分の才能を生かすことができるいいきっかけになるでしょう。

会社に勤められなくなった

最近は経営の合理化が叫ばれています。
「もういらない職員はドンドン解雇します」といわんばかりに、リストラを推し進める会社もたくさんあるのです。
となりますと、「もう今の会社には勤められなくなってしまった」というような経験を持つ方も多くいらっしゃいます。
元々いた会社には残るという選択肢が用意されていませんので、少しばかり渡される退職金を元手に何とか職を変えていく必要がありますね。

転職することが当たり前の時代になってきた

少し前ならば一生その会社に勤め上げるということが半ば常識でしたが、今ではそのような常識も崩れ去り職を転々とするということが当たり前になってきました。
となりますと、伝統的な就労概念を自分の中で打ち壊し「新しい仕事の考え方」を構築していく必要がありますね。
つまり、仕事を辞めて新しい仕事に就くまでのプロセスを自分の中で打ち立てるということです。

でも就職情報を検索してみると「どれを使えばいいのかがわからない」というような状況にある昨今。
仕事を辞めてからの話や、やめる前の話などもありますがどうすれば仕事ができるのかというような悩みをお持ちの方も多いことでしょう。
また、せっかく仕事を辞めるのであるならば何らかの技能を身につけてさらにステップアップしたいという方もいらっしゃるかも知れません。
もしも今自分が一体何をすべきなのかわからなくなってしまったときには「物事をシンプルに考える」という癖をつけておきましょう。

シンプルに考えると視界が開ける

仕事を辞めた後に不安感というのはたいしたことではなくてその多くが「経済的な面での不安」です。
仕事がすぐに見つかるのだろうか、それまでのお金はどのようにしてやりくりすれば良いのだろうかといった不安をお持ちの方は多いことでしょう。
また、どんな仕事が自分に向いているのかさっぱりわからずステップアップするのにも少し苦労しそうという方もシンプルに考えてみてください。

自分が将来どんな仕事をすれば幸せになって、ならば今どのような行動をとれば一番それに近づくことができるのだろうかということをチェックすれば良いのです。

転職は決して難しい話ではなく、自分から難しくしていることが多いのですよ。

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Pocket